逆勝手薄茶点前

逆勝手 薄茶 

 本日のお稽古は逆勝手のお薄になります。
逆勝手とは、造り付けが左右反転した茶室でのお点前のことでございます。かなり変則的なお点前ではございますが、そのような茶室がある以上はお稽古も必要とのこと。お点前も、ほとんどが左右反転しております。最初のうちは戸惑われるかと存じますが、お稽古を続けるうちに段々と手足が滑らかに動くようになるでしょう。

 



《逆勝手の気をつけたいポイント》

・亭主は袱紗を右腰につける。
・入室するのは左足から。
・退室するのは右足から。
・建水は右手で持つ。
・棗とお茶碗の置き合わせ:
 棗から先。お水差しの左前。
 お茶碗は後。右手で横から持ち、棗の右側。
・柄杓の節少し下を右手で持ち、左手に持たせた後に、身体中央で縦に構えて鏡柄杓。
・右手で蓋置を上から持ち、風炉の右側に置く。
・右手、柄杓の節の少し下を扱ったら、左手で節と切り留の間辺りを上から持ち、その左手で蓋置に預ける。
・右手で建水を持ち膝線まで上げる。
・居舞を正して一息つく。
・お茶碗は、左手前→右真横で膝前少し向こう側。
・右手でお棗をお茶碗とお膝の間。
・袱紗を捌く。右手で外側に折り上げてから左手のひら。捌くのは右脇腹辺りで。
・棗を清める。清め終えたら、元の場所より棗一つ分くらい手前に置く。
・茶杓を清める。清め終えたら棗の上に斜めに置く。
・お茶筅を取り、水差し前中央に置く。
・右手でお茶碗を引いたら、左手の袱紗を右手で持ち、右膝頭に仮置き。
・左手で柄杓を取る。一度構えたら右手で仮置きした袱紗を取り、釜の蓋を開ける。
・その後、袱紗は建水の後ろ。
・右手でお茶碗の中の茶巾を取り、釜の蓋の上。まっすぐに置く。
・右手の薬指で柄杓の切り留捉えて胸の前で横にする。
・左手、腿の上。右手の柄杓を釜の中へ。ぐぅっと湯の中に沈めて真ん中のお湯を汲む。
・そのお湯をお茶碗の中。
・水差し前、中央のお茶筅を取り、茶筅通し。
・右手でお茶碗取り、左手に預け、左手で建水に湯を捨てる。
・右手は茶巾を取り、お茶碗の中へ。
・お茶碗を拭くのは、右脇腹辺り。お客様から見えないところで清めるように配慮する。
・右手でお茶杓取り、『お菓子をどうぞ』
・左手でお棗取り、お茶碗の左側に浮かせたまま蓋を取る。蓋は、お茶碗と膝の間に置く。
・お茶を掬ったら、茶杓は棗の上斜めに置く。
・その右手で水差しの蓋を取る。
右手で蓋のつまみ→左手9時→右手3時→左手2時
その左手の2時の位置で水差しの胴に蓋を立てかける。
・お湯を汲んでお茶を点てる。
・お茶碗を右手で取り、左手のひらの上。2回時計回りに回して正面を改めたら、左手で横から持ち、その左手で定座へ。
・お客様の一口で、袱紗を腰へ。右手で持ち左手のひらに打ち返して右脇腹につける。
・返ってきたお茶碗は、左手で取りに行き、右手で扱ったら左手のひら。そして右手で下に置く。
・お湯をお茶碗に注いだら、右手→左手→右手で建水に湯を捨てる。この時、お客様からお仕舞いの声がかかる。
・湯を捨てながら左手で草のお辞儀。
・お茶碗を右手→左手→右手で下に置いて、改めてお辞儀の上、お仕舞いのご挨拶。
・お仕舞いの茶筅通し。
・お茶碗を左手→右手→左手で扱い、建水に水を捨てる。
・右手でお茶巾を釜の蓋の上から取り、お茶碗の中へ。お茶筅もお茶碗の中。
・棗を右手で半月に持ち、元の位置(水差し左前)
・お茶碗を左横→右横→左手前で扱って棗を置き合わせ。
・お水一尺、釜の蓋。柄杓は蓋置へ。
・水差しの蓋を閉める。水差しの胴に立て掛けている蓋を以下のように扱って閉める。
左手2時→右手3時→左手9時→右手で蓋のつまみを持ち、蓋を閉める。
・お客様から拝見を乞われる。
・柄杓を左手で持ち、身体の中央で縦にしたら、右手で下から側面を持ち、建水にたたむ。
・右手で蓋置を上から持ち、左手扱ったら、右手で上から持ち直して建水の後ろ。
・お茶碗を左手前→右横→左横で持ち、建付へ。
(建付から3目の位置)
・お道具(棗と茶杓)を清めて定座に出す。ここはいつも通り。
・両膝を押さえて点前座中央に戻ったら、柄杓を持つ。右手で柄を上から持ち、左手は節ギリギリを持って体の中央で縦にする。右手の薬指で切り留を捉えて胸の前で真横にし、右手は下から上に滑らせて、節ギリギリを上から持つ。
・左手で蓋置を持ち、右手の3本指に持たせる。
・左手、右膝を押さえて着物の裾が広がるのを抑えて、ひと膝下座。(右側45度の位置)
・左手、建水を取りに行き、建水は右脇腹辺りで持ち、右足から立ち上がる。
・建水回りで後ろを向き、建水をお客様の目に触れない位置を保ったまま、右足から退出。
・お茶碗を引く。
・お水差しを引く。
・お道具が戻った辺りで左足から入室。
・問答を経て、お道具も引き、右足から退室したら、建付でご挨拶。


はい、お疲れ様でした!🙇‍♀️
最後までご覧頂きまして誠にありがとうございました☺️☺️☺️🍵🍵🍵

2020年06月14日