逆勝手薄茶点前 英語茶道

 

 

Today’s temae is gyaku-gatte literally means the procedure which is done in the opposite tea room format. Though the opposite format is rarely found, any kinds of procedures are worth training inasmuch as you are a genuine chajin.
Why don’t we enjoy learning together today!

本日のお稽古は逆勝手です。
かなり変則的な茶室でのお点前を前提としています。
が、本物の茶人であるならばどんな状況においても冷静に対処したもの。さぁ、今日も楽しみましょう!

In gyaku-gatte, almost all of the movements are made on the left orientation basis:the host hungs the fukusa on the right side of obi sash, enters the tea room from the left foot, and exits from the right foot first.

 逆勝手では、ほぼ全ての動きが左側優位となります。亭主は袱紗を右側の帯につけておりますし、入室する際は左足から、退室の際は右足から、などがその例です。

 At first training these seem complicated, however as they are practiced and repeated, the hands and feet will naturally move.
These training are helpful for you to be patient and humble. To wait and tolerate your improvement just a little by little is needed to be a sophisticated person. It is the time to embrace Japanese culture which has been cultivated and handed down through many generations.

最初のうちは難しく感じることでしょう。
しかしお稽古を積むうちに段々と慣れてきて、自然に手足が動くようになります。このような、習得に時間のかかるお稽古はとても大切です。このお稽古によって忍耐力や謙虚さが養われることでしょう。ステキな大人になるにはとても必要な素養であります。
世代を超えて培われ受け継がれてきた日本の文化を、今こそ大切にしたいものです。

2020年06月17日