ブログ一覧

洗い茶巾 英語茶道

 

Today’s temae is Arai-chakin.
It is enjoyed in midsummer.
In this procedure, the host squeezes a chakin in front of guests in order to make a sound of drops to drip. It evokes us shallow, flowing stream and makes us cool. We will send you fresh breeze from Yoshi-an.

本日のお点前は、洗い茶巾です。
こちらは真夏のお点前です。
亭主はお点前の最中、客前でお茶巾を絞り、茶室に水音を響かせます。この雫の音に、私たちは涼風を思い
ひとしきり暑さを忘れます。よし庵より、爽やかな風を皆さまにお送りします。

  In this temae, the chawan is filled 70% with water and treated by both hands not to spill water. After bringing the water container, the host brings the chawan by both hands and place it on the floor in left front of the hearth named as tatetsuke position.

 このお点前では、茶碗は両手で扱われます。お茶碗には水が70%張られておりますので、水をこぼさないためです。亭主は水差しの後で茶碗を両手で運び出し、建付に置きます。

 Next, natsume and kensui are brought. The natsume is supported by right hand from the bottom while the kensui is taken by left hand as usual.

次に運び出されるのは、棗と建水です。棗は右手の平に載せられています。建水はいつも通り左手で持たれています。

 After purifying the natsume and chasyaku, the host raises up the chasen a little higher than usual to drop water before placing on the floor.
And open the iron pot lid by fukusa, place the ladle to the iron pot mouth in okibisyaku style.
Both hands take the chawan and get it closer to the knees.

棗と茶杓を清めたら茶筅を棗の右側に置きますが、この時茶筅をいつもよりも少し高めに持ち上げます。茶筅の雫を茶碗に落とすためです。
 そして釜の蓋を袱紗で開けてから、茶碗を手前に引きます。

 The host folds the chakin into two and squeezes the chakin just above the chawan, and raises it up higher with squeezing.
As it gets higher, the water sound gets higher also. And moves the hands above the kensui, and squeezes again.
The host arrange the chakin to purify the chawan at the center of the body. The arranged chakin is placed on the iron pot lid.
  Both hands hold chawan and throw the water to the kensui. At the center of the body, right ring finger wipe the fringe of the right side of the chawan. After the chawan is placed on the floor, the host purifies the finger with the kaishi.
These are the important points to remember in this temae.


亭主は茶碗の真上で茶巾を二つ折りにし、水を絞ります。絞りながらその手を高く上げていきます。
 高さが増すほどに、水音も高くなります。
そして建水の上で更に絞り上げます。
その後、茶碗を拭くために茶巾をたたみます。茶巾は釜の蓋の上へ。
両手で茶碗を持って、張られていた水を建水に空けます。体の中央あたりで、右手の薬指で茶碗の水を拭い、その後両手で床に茶碗を置きます。そして、その薬指を懐紙で清めます。
ここまでが洗い茶巾での大切なポイントです。

 How is it?
Could you feel the breeze?
We hope enjoy this temae in midsummer.

どうでしょう?
風を感じることはできましたでしょうか?
どうぞ真夏にこのお点前を楽しんでいただければと存じます。  



2020年06月28日

洗い茶巾

 

本日のお点前は洗い茶巾、真夏のお点前です。
亭主は客の面前で茶巾を絞ります。
雫の滴る音が、茶室に高く低く響き、心の中を涼風が抜けてゆきます。
お道具の取り合わせも、涼やかに。
お茶碗には透明なギヤマンを用いました。


 よし庵では、洗い茶巾の運び出しは水差しから行います。お茶碗から運び出しをするお教室もあるようで、その辺りは先生の裁量に任されているようです。

 お水差しをいつも通りに運び出ししましたら、次はお水を張ったギヤマンのお茶碗を両手で運び出します。この時、お茶巾は二つ折りにし右側に垂らしておきます。そして建付に両手で置きましょう。

 次は、右掌に棗を載せて、左手で建水を持ち入室。
建水を手なりに置いたら、棗を左手で横から持ち、右手で上から半月に持ち直してお水差しに置き合わせ。
両手でお茶碗を取り、やはり両手で棗と置き合わせ。
ここから、棗と茶杓を清めるまではいつも通りです。
(ただし、お茶碗の扱いは両手となります。)

 お茶杓を清めましたら…
右手でお茶筅を取り、真上に上げます。
雫の音をさせながら柄杓のあたりまで持ち上げて、それから棗と置き合わせ。柄杓構えて釜の蓋を開けたら、柄杓を蓋置に預けましょう。

 さあ、ここからが見せどころ😊
茶巾を左掌にのせたら、向こう側に二つ折り。
そしてギヤマンの上で絞ります。
低い位置から絞りながら、手の高さを上げてゆきます。すると雫の音も高くなります。
その後、建水の上でも同様に絞りましょう。
そして、茶巾は畳替えて釜の蓋の上へ。
お茶碗は両手で取り、両手で建水に水を空けます。
その後は、いつものお薄。
とても風情のあるお点前です。
zoomのお稽古で皆さまに涼風を届けられたでしょうか…😊🎐

オンライン茶道初級,中級,上級,英語茶道コース・曜日:火、水、木、土曜日、・時間:午前10時~12時 オンライン無料体験受付中!
https://r.goope.jp/soukanokai/reservation                                   
・1ヶ月見放題   
・オンライン茶道初級・中級英語 茶道コース 月謝:6,000円        
・上級稽古参加の場合は1回にき+1,000円(上級者資格が必要です。)

お稽古予定表
HP
申し込み 

茶道教室
・曜日:火、水、木、土曜日、
・時間:午後1時~ 

● 和菓子教室

● 茶道教室よし庵 お茶事を楽しむ会

● 恋愛スピリチュアルカウンセリング

2020年06月27日

卯の花点 拝見なし 英語茶道

 

ブログ卯の花点 拝見なし 英語茶道
Unohana chabako procedure without viewing utensils

  Today’s temae is Unohana chabako procedure without viewing utensils. It’s one of the chabako procedures created by 11th tea master, Gen-gen-sai, and has the motif of out door tea gathering in summer season.

本日のお点前は、茶箱の一つ、卯の花点です。
11代玄々斎がお創りになられました、夏を主題にしたお茶箱でございます。本日は拝見なしで行います。 

 Unohana and Hana have something in common.
Both temae use a tray on which a chabako including is set. We would like to be careful not to be mixed with each other as it is easy to confuse.

  卯の花点と花点前には共通点があります。
二つ共、茶箱をお盆に載せたお点前です。
混同しないように気を付けたいものです。

 In both temae, utensils are placed on the tray.
However the positions which each utensil is placed on the tray are different from each other.
I’m glad you to be attentive to my explanation.

  どちらもお盆の上にお道具を並べますが、位置がそれぞれ違うのです。私の説明をよく聞いていただけると嬉しいです。

2020年06月23日

卯の花点 英語茶道

 

 

ブログ卯の花点 拝見なし 英語茶道
Unohana chabako procedure without viewing utensils

  Today’s temae is Unohana chabako procedure without viewing utensils. It’s one of the chabako procedures created by 11th tea master, Gen-gen-sai, and has the motif of out door tea gathering in summer season.

本日のお点前は、茶箱の一つ、卯の花点です。
11代玄々斎がお創りになられました、夏を主題にしたお茶箱でございます。本日は拝見なしで行います。 

 Unohana and Hana have something in common.
Both temae use a tray on which a chabako including is set. We would like to be careful not to be mixed with each other as it is easy to confuse.

  卯の花点と花点前には共通点があります。
二つ共、茶箱をお盆に載せたお点前です。
混同しないように気を付けたいものです。

 In both temae, utensils are placed on the tray.
However the positions which each utensil is placed on the tray are different from each other.
I’m glad you to be attentive to my explanation.

  どちらもお盆の上にお道具を並べますが、位置がそれぞれ違うのです。私の説明をよく聞いていただけると嬉しいです。

2020年06月19日

逆勝手薄茶点前 英語茶道

 

 

Today’s temae is gyaku-gatte literally means the procedure which is done in the opposite tea room format. Though the opposite format is rarely found, any kinds of procedures are worth training inasmuch as you are a genuine chajin.
Why don’t we enjoy learning together today!

本日のお稽古は逆勝手です。
かなり変則的な茶室でのお点前を前提としています。
が、本物の茶人であるならばどんな状況においても冷静に対処したもの。さぁ、今日も楽しみましょう!

In gyaku-gatte, almost all of the movements are made on the left orientation basis:the host hungs the fukusa on the right side of obi sash, enters the tea room from the left foot, and exits from the right foot first.

 逆勝手では、ほぼ全ての動きが左側優位となります。亭主は袱紗を右側の帯につけておりますし、入室する際は左足から、退室の際は右足から、などがその例です。

 At first training these seem complicated, however as they are practiced and repeated, the hands and feet will naturally move.
These training are helpful for you to be patient and humble. To wait and tolerate your improvement just a little by little is needed to be a sophisticated person. It is the time to embrace Japanese culture which has been cultivated and handed down through many generations.

最初のうちは難しく感じることでしょう。
しかしお稽古を積むうちに段々と慣れてきて、自然に手足が動くようになります。このような、習得に時間のかかるお稽古はとても大切です。このお稽古によって忍耐力や謙虚さが養われることでしょう。ステキな大人になるにはとても必要な素養であります。
世代を超えて培われ受け継がれてきた日本の文化を、今こそ大切にしたいものです。

2020年06月17日

逆勝手薄茶点前

逆勝手 薄茶 

 本日のお稽古は逆勝手のお薄になります。
逆勝手とは、造り付けが左右反転した茶室でのお点前のことでございます。かなり変則的なお点前ではございますが、そのような茶室がある以上はお稽古も必要とのこと。お点前も、ほとんどが左右反転しております。最初のうちは戸惑われるかと存じますが、お稽古を続けるうちに段々と手足が滑らかに動くようになるでしょう。

 



《逆勝手の気をつけたいポイント》

・亭主は袱紗を右腰につける。
・入室するのは左足から。
・退室するのは右足から。
・建水は右手で持つ。
・棗とお茶碗の置き合わせ:
 棗から先。お水差しの左前。
 お茶碗は後。右手で横から持ち、棗の右側。
・柄杓の節少し下を右手で持ち、左手に持たせた後に、身体中央で縦に構えて鏡柄杓。
・右手で蓋置を上から持ち、風炉の右側に置く。
・右手、柄杓の節の少し下を扱ったら、左手で節と切り留の間辺りを上から持ち、その左手で蓋置に預ける。
・右手で建水を持ち膝線まで上げる。
・居舞を正して一息つく。
・お茶碗は、左手前→右真横で膝前少し向こう側。
・右手でお棗をお茶碗とお膝の間。
・袱紗を捌く。右手で外側に折り上げてから左手のひら。捌くのは右脇腹辺りで。
・棗を清める。清め終えたら、元の場所より棗一つ分くらい手前に置く。
・茶杓を清める。清め終えたら棗の上に斜めに置く。
・お茶筅を取り、水差し前中央に置く。
・右手でお茶碗を引いたら、左手の袱紗を右手で持ち、右膝頭に仮置き。
・左手で柄杓を取る。一度構えたら右手で仮置きした袱紗を取り、釜の蓋を開ける。
・その後、袱紗は建水の後ろ。
・右手でお茶碗の中の茶巾を取り、釜の蓋の上。まっすぐに置く。
・右手の薬指で柄杓の切り留捉えて胸の前で横にする。
・左手、腿の上。右手の柄杓を釜の中へ。ぐぅっと湯の中に沈めて真ん中のお湯を汲む。
・そのお湯をお茶碗の中。
・水差し前、中央のお茶筅を取り、茶筅通し。
・右手でお茶碗取り、左手に預け、左手で建水に湯を捨てる。
・右手は茶巾を取り、お茶碗の中へ。
・お茶碗を拭くのは、右脇腹辺り。お客様から見えないところで清めるように配慮する。
・右手でお茶杓取り、『お菓子をどうぞ』
・左手でお棗取り、お茶碗の左側に浮かせたまま蓋を取る。蓋は、お茶碗と膝の間に置く。
・お茶を掬ったら、茶杓は棗の上斜めに置く。
・その右手で水差しの蓋を取る。
右手で蓋のつまみ→左手9時→右手3時→左手2時
その左手の2時の位置で水差しの胴に蓋を立てかける。
・お湯を汲んでお茶を点てる。
・お茶碗を右手で取り、左手のひらの上。2回時計回りに回して正面を改めたら、左手で横から持ち、その左手で定座へ。
・お客様の一口で、袱紗を腰へ。右手で持ち左手のひらに打ち返して右脇腹につける。
・返ってきたお茶碗は、左手で取りに行き、右手で扱ったら左手のひら。そして右手で下に置く。
・お湯をお茶碗に注いだら、右手→左手→右手で建水に湯を捨てる。この時、お客様からお仕舞いの声がかかる。
・湯を捨てながら左手で草のお辞儀。
・お茶碗を右手→左手→右手で下に置いて、改めてお辞儀の上、お仕舞いのご挨拶。
・お仕舞いの茶筅通し。
・お茶碗を左手→右手→左手で扱い、建水に水を捨てる。
・右手でお茶巾を釜の蓋の上から取り、お茶碗の中へ。お茶筅もお茶碗の中。
・棗を右手で半月に持ち、元の位置(水差し左前)
・お茶碗を左横→右横→左手前で扱って棗を置き合わせ。
・お水一尺、釜の蓋。柄杓は蓋置へ。
・水差しの蓋を閉める。水差しの胴に立て掛けている蓋を以下のように扱って閉める。
左手2時→右手3時→左手9時→右手で蓋のつまみを持ち、蓋を閉める。
・お客様から拝見を乞われる。
・柄杓を左手で持ち、身体の中央で縦にしたら、右手で下から側面を持ち、建水にたたむ。
・右手で蓋置を上から持ち、左手扱ったら、右手で上から持ち直して建水の後ろ。
・お茶碗を左手前→右横→左横で持ち、建付へ。
(建付から3目の位置)
・お道具(棗と茶杓)を清めて定座に出す。ここはいつも通り。
・両膝を押さえて点前座中央に戻ったら、柄杓を持つ。右手で柄を上から持ち、左手は節ギリギリを持って体の中央で縦にする。右手の薬指で切り留を捉えて胸の前で真横にし、右手は下から上に滑らせて、節ギリギリを上から持つ。
・左手で蓋置を持ち、右手の3本指に持たせる。
・左手、右膝を押さえて着物の裾が広がるのを抑えて、ひと膝下座。(右側45度の位置)
・左手、建水を取りに行き、建水は右脇腹辺りで持ち、右足から立ち上がる。
・建水回りで後ろを向き、建水をお客様の目に触れない位置を保ったまま、右足から退出。
・お茶碗を引く。
・お水差しを引く。
・お道具が戻った辺りで左足から入室。
・問答を経て、お道具も引き、右足から退室したら、建付でご挨拶。


はい、お疲れ様でした!🙇‍♀️
最後までご覧頂きまして誠にありがとうございました☺️☺️☺️🍵🍵🍵

2020年06月14日

今日の和菓子 in English


It’s time to introduce today’s confection.
Today SOUKA sensei prepared 2type of confections, fresh type and dry type.
I’m introducing fresh type at first.

 皆さまこんにちは、和菓子紹介のコーナーです。
本日は、主菓子と干菓子の両方をご紹介いたします。
まずは主菓子から。   


 This confection’s name is mizu-manju literally means water manju made from agar, sweet bean paste and fresh water as its name suggests.

 こちらは水まんじゅうです。
寒天と餡子、そして水から出来ています😊
その名の通り、水まんじゅうですから。

This sweet bean paste is flavored with Ume plum which is popular among Japanese people especially in hot seasons.


 この餡子は、梅風味ですね!
日本人は梅が好きですよね〜。特に暑い季節には好まれます。

Next comes dry type.
These are shaped as small shells collard pink and flavored with perilla, shiso in Japanese.
It’s a kind of herb🌿
Small pink shells of the motif are well seen in this region. It’s named as Sakura gai, cherry blossom shell. Cute name isn’t it?


 次は、干菓子です。
小さな貝殻の形をしてますよ。そしてピンクに色付けされています。こちらはシソ風味。シソは、日本の薬草(ハーブ)の一種です。モチーフになっているのは桜貝です。桜貝、名前も可愛らしいですよね。

 どちらも美味しかったです😊
またご紹介いたします。皆さまお楽しみに!

2020年06月09日

茶箱和敬 英語茶道

茶箱和敬のお点前は、14代淡々斎がお作りになられたもの。とてもシンプル。それ故に茶道の先生によってはお稽古なさらないお教室もあるようです。
 ですが宗嘉先生には、大切なお点前の一つ。
今日は鉄瓶ではなく、釜でお点前いたしました。

 茶箱のお点前の時には、茶箱の説明をにざっとしております。時間が無かったり、言い淀んだりで、なかなか言い切れないのですが…。本当は以下のように言いたいなぁといつも思っております。
・Chabako procedures use a box including utensils for making tea outdoors.
・This was created by 〇〇th tea master, 〇〇sai 〇〇soushitsu.
・The host leaves the door open as it has the motif of outdoor tea gathering.
・Why don’t we enjoy the mood in the fresh air.
 
 本当は全部言えたらカッコいいんですけどね💦
でも旅行ガイドと違って、これは茶道ですので。
あまり説明が前に出過ぎると、宗嘉先生のお点前の美しさを損ねてしまう可能性もあります。

 茶箱和敬で英語の間違いがありました。
失礼しました。茶箱を持ち上げる時のこと。
『not to stick out the fingers 』と言うところを
『not to stretch out the fingers』と言ってしまいました。正しい全文はこうです。

・Hold the box by the both hands from the sides not to stick out the fingers.
・Make all the fingers one together.
茶箱は側面から両手で持つ。この時、指が側面から出ないように注意。指はそろえること。

 zoomのお稽古は不思議です。
お稽古中は生徒さまの音声はミュートにしているのですが、不思議なもので生徒さまの気持ちが瞬時に伝わってくるのです。
『あ、説明し過ぎたな』
『今回は説明が足りなかったな』
など、生徒さまの反応を見て、その都度調整しています。

  zoomは生きてるんです。
またお会いしましょう。
生きているzoomのお稽古で。

 


2020年06月08日

英語茶道 茶入荘


オンラインで学ぶ英語茶道です。茶入荘です。


今回は茶入荘です。小習いの中で少し格調を感じるお点前です。亭主との問答も楽しみのひとつ。
また、お道具の拝見の仕方も楽しめます。
荘物のお点前の時には、ぜひお気に入りの古帛紗で臨みましょう!

 お水差を運び終えたら、次は仕組まれた薄茶碗を持ち出します。『仕組む』には『arrange』を充て、次のように訳しました。
・Next, the host brings a chawan which is already arranged with chakin, chasen, and chasyaku.

その後に持ち出すのが、茶入の入った濃茶碗です。
この時にはこのように訳しました。
・The host brings another chawan in which a chaire (tea container) is nested.

 荘物には、それぞれ特徴があります。
茶入荘では、以下が特徴となります。
●仕覆を脱がせた後に、古帛紗を水差し左前に広げる→その上にお茶入を置くため
●お茶筅をお茶碗に入れる時、音を立てる
●拝見に出す時に、古帛紗の上にお茶入を乗せて、古帛紗こと正面を改める
●拝見の後のお道具の説明の時に、正客は茶入の由緒を亭主に聞く

 
 動画を見て冷や汗💦
『spread』というべきところを『stretch』と言ってしまいました。言い間違いです。失礼しました。
言いたかったのはこの表現です。
・After undressing the shifuku, spread the kobukusa on the floor, in left front of the water container.

 お茶筅を入れる時、音を立てるのがこのお点前の特徴なのです。その説明をはさむ時間が足りなかったのが悔やまれるところ。こんな風に言えたら良かったです。
・Making a single sound with chasen when in putting it into chawan. The movement is specialized in this temae.

古帛紗ごと正面を改めるところですが、これは丁寧に説明するしかないかなぁ…と思っています。
・Right hand takes upper right angle. Left hand takes bottom left angle. Turn 90degree clockwise twice, so that the guest can see the front.

 そして最後の問答。これがいつもドキドキします。
宗嘉先生はその時によって問答を変えますものですから。私たちは前以て口裏合わせはしないのです。
その場になると忘れちゃうので。
この時の由緒は、茶銘を先生からいただいた時バージョンでした。
・This is from my former teacher when I was bestowed the honorific title, chamei.

 由緒の問答のところは、大好きな瞬間です。
できれば心温まるエピソードを添えたいところ。
亭主と客の心がグッと近くなる時間ですね😊😊




● オンライン茶道 初級・中級・英語茶道コース
・曜日:火、水、木、土、
・時間:午前10時~12時                                 ・オンライン茶道初級・中級英語 茶道コース 月謝:6,000円 ・1ヶ月見放題        ・上級は1回にき+1,000円(上級者資格が必要です。)

● 夜間初級・中級・上級コース 
・曜日:月、水、金 時間:午後8時~8時50分 
・夜間初級 中級 上級コース 月謝:6,000円                         ・上級は1回にき+1,000円(上級者資格が必要です。)

● オンライン茶道 初級・中級・英語茶道コース+夜間茶道コース
・時間:午前10時~12時 午後8時~8時50分                        ・オンライン茶道初級・中級英語 茶道コース 月謝:8,000円 ・1ヶ月見放題          ・上級は1回にき+1,000円(上級者資格が必要です。)

2020年06月05日

休業緩和後のお稽古 茶道教室よし庵のコロナ対策 『3広 オンライン 風水』

本来、茶道は相伝稽古を旨としております。

実践に重きを置き、修業を積むことで悟りに至る密教や禅仏教にその根源を持つ文化であります。

今までよし庵では、分からないところは生徒さまの手をとり、肩に触れるなどして体の動きを身に付けてもらおうと丁寧にお稽古に当たってきました。

 

 しかし今、その概念を大きく変換させる時代を迎えました。茶道に対する私たちの熱い思いをそのままに、形を変えて何とか茶道を続けられないものか…。

行き着いた先が、zoom茶道教室でありました。

 zoomのお稽古は、見るお稽古です。宗嘉の完成された美しいお点前と、工藤の無駄のない的確な解説でお稽古は行われます。

ひとりひとりの目と耳に、あるべきお点前の姿を摺り込んでいきます。この1か月で私たちは、たとえパソコンの画面越しであっても、同じ熱意を共有すると心は一つになれることを実感いたしました。

 

 一服の茶を点てて飲む


なぜこれだけの単純なものに、これほどまでに心惹かれるのか…

この、心が一つになる瞬間が忘れられないからではないのか。温かくて柔らかくて懐かしい
パソコンや携帯といった、

一見無機質なツールの力を借りながらも、血の通った温かいお稽古を続けることが充分可能であることを私たちは知りました。

 
 生徒さまとは物理的な距離を保ちつつ、心の距離は縮めていけるよう、zoomを併用したお稽古を考えています。


2020年06月03日